気の向くまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

1つ紋付の色留袖に比翼を付けるか否か・・・

本日2つ目の日記です。
一つ目はこちら→夏用長襦袢お誂えへの道。-生地選び-


■はじめに私的『ここ大事!』
私は着物に関してはなかなかに古い考え方をしてしまいます。
この日記もその考え方に基づいて書いているので、
最近の着物事情とは少しずれた考え方になっているかもしれません。
また着物のTPOは基準こそあれども
考え方は十人十色だと思っていますのでこれが絶対正しいとは思っていません。
人それぞれ基準を元に、その時その時で都合の良いTPOにすれば良いと思っています。


さて色留袖についてです。
今回の日記は表題の通り、
一つ紋付きの色留袖に比翼を付けるか否かという話題です。

結論から言うと私は「付ける派」です。
それがどうしてそう考えたのか、
そしてどうして付けるか付けないかを考えることになったのかを
長くはなりそうですがせっかくなので書いておこうと思います。

ついでにお気に入りの色留袖を手に入れるまでの経緯も記念に♪
↑こんなことを一つの日記に書くから日記が長くなるんです(笑)


  ********************************


来月頭に夫の従兄弟が結婚式をあげることになりました。
結婚してから夫の親族の結婚式には初めて参列となります。

さて、何を着れば良いのだろうと思ったのですが、
洋装はドレスを持っていないという事情から除外しました。

では着慣れてもいることですし着物でとなったのですが、
従兄弟格の参列ですと親等的には第4親等になります。
そこで選択肢に出てくる着物は準礼装になるので

三つ紋付色留袖
一つ紋付色留袖
三つ紋付色無地
一つ紋の色無地
紋なし訪問着
(一つ紋付訪問着)

が考えられると思いました。

※一つ紋付訪問着に()を入れたのは
私の通う着付け教室の先生(80代。着付けだけでなく礼儀作法学も教えている)に
本来、訪問着というのは紋を入れないのが正式だったと教えられたからです。


手持ちにおばさまから頂いたスモークピンクのとても良い色無地があるのですが、
紋が入っていないためこちらは除外としました。
※写真は練習だったので紋なし色無地(格↓)に袋名古屋帯(格↓)を後見結び(格↑)と少し不思議なバランスです(笑)
2013-04-29 122657


他の手持ちと言えば後は訪問着です。
DSCF6553.jpg
しかしこちらは見て頂いたらお判りの通り、
一番新参者の嫁が着るには少しモダンすぎると思いました。
写真がかなりコントラストがきつめになっていますが、
かなり実物に近くなっており本当にこんな色味で寧ろもう少し華やかなくらいです。

教室の先生や講師の方々には良いものですし、少しも派手ではなく
60代で着ていてもおかしくない素敵な着物だとおっしゃって頂けたのですが、
ここは夫の言う
「着物に日常的に親しみのある人とそうでない人では見方が違う」という意見に
私も賛成なので今回はこちらも除外としました。

さて。
困りました。
手持ちの札がもうありません。

いろいろ悩んだのですがこれから先まだまだ着る機会があるので
これを機会に色留袖を手に入れることにしました。
手に入れると言っても私のことです。
色留とてお誂えではなくリサイクルです(笑)
しかし、色留袖というのはリサイクルでなかなか出物がないようで、
かなり探しましたがこれぞというものにはなかなか出会えませんでした。

それでは仕方がないので貸衣装でと、一度貸衣装屋さんにも行きましたが
レンタルでも色留袖というのはあまり出回っていないらしく
選択肢が色違いで5枚しかありませんでした。
色は全て落ち着いた色味で黄色、ピンク、緑、紫、青の5色でした。

全て羽織らせて頂いたのですが・・・どれもしっくりきません。
色味的には黄色が良いと思ったのですが、
裾柄が広く、背の小さな私にはどうにも似合わない;
後でレンタル代を教えて頂き、
この金額であまり似合わない着物をレンタルするくらいならと
式までまだ時間もあったのでもう少しリサイクルで探してみることにしました。


それからしばらくしてオークションでこんな色留袖を見つけました。
f15blue-img600x450-1361196860qdwojm39593.jpg
非常に好みです♪
出品者の方のコメントに
「使用感あります」とあったのが少し引っ掛かりはしましたが、
寸法も問題ないようですし
ダメ元ということで格安なお値段だったこともあり入札することにしました。
色味は濃い紫なので羽織ってみるまでは確信は出来ませんが、
おそらく大丈夫であろうと思いました。

そんなこんなで落札期日を待っていたのですが、
そんなある日、友人が徳島市立木工会館で
布の祭典なるものが行われているということを教えてくれました。
「行ってみたけど君の好きそうなものいっぱいあったよ」とのこと。
次の日が開催最終日だったのこともあり、
少し覗いてみようかと行ってみましたところ・・・


出会ってしまいました。
まさに運命の出会いです。←大げさw

友人からは和のリメイク小物などがあると聞いていたので
着用可の着物があるとは思っていなかったのですが、
たとう紙がたくさん積み上がっていたので、ダメ元で色留袖があるか聞いてみることに。
入札してる紫の色留袖が本当に格安だったので届く物にやはり不安もあったのです。

お店の方もおそらくはないとおっしゃっていたのですが、
たとう紙の山から探して下さることになりました。
すると下の方から一枚だけひょっこり色留袖が。
出てきたのがこれです。
DSCF6549.jpg

オレンジがかった淡いクリーム地におしどりの描かれた上品な友禅。
なんて素敵なのでしょう!
写真には写っていませんが、上前に可愛らしいおしどりが描かれており、
結婚式に相応しい着物だと思いました。
羽織らせて頂くと寸法も誂えたようにぴったりです。
これは!と思いましたが少し考えていた予算をオーバーするのが気になりました;

するとお店の方が「これは加賀友禅だよ」と。

正直その瞬間「そんなバカなw」と思いました(笑)
隅々まで見ましたが一切シミやキズもなく、しつけこそありませんでしたが
どうみても着用していて1回程度だろうという良い品物です。
加えてお値段が加賀友禅がそんなに安い訳がないwと思ってしまうお値段だったのです。

しかもお店の方は「これは百貫の作だ」と。
それこそバカな(笑)と一蹴するお話です。
その時、私は百貫の銘を知らなかったのですが、
すぐさまスマホで検索をかけ、百貫の作がどんなお値段のものかを調べていました。

まあお店の方も勘違いしているという可能性もありますが、
やはりそんなことをいうお店の方ですので
そもそも着物が加賀友禅であるというのすら信憑性が薄いのですが、
お着物自体に一目惚れ状態の私。
※この時点で私は加賀友禅の特徴などを知らず、
また閉館時間が迫っていたので調べる余裕もありませんでした。


夫に偽物でも良いのでこれが欲しいと言ってしまいました。
それだけ一目惚れだったのです。

そんなこんなで、私はこの色留袖を手に入れたのです。

のちのちに調べると加賀友禅は
HPにすべての作家さんの落款が表記されていることを知りました。
→ 協同組合 加賀染振興協会 落款一覧

私の着物には「峰」の銘がありますが、こちらの一覧にはなく
やはりこれは偽物として作られたものなのだろうなと思いました。

翌日が着付け教室だったのですが、
待て。結婚式に偽物と思っている着物を着ていいのか?と少し不安になったこともあり←遅い
先生に見てもらったところ驚く結果が。


この着物「京加賀友禅」らしいです。


先生曰く、この着物は加賀友禅で間違いない。
しかし石川県で作られる本加賀友禅ではなく、京都で作られる京加賀友禅である、と。

正直え?っとなりました。
不勉強なもので加賀友禅に本加賀と京加賀があるということすら知りませんでした。
先生に購入金額を言い、そんなお値段のものが本当に?と尋ねましたが
先生はクスクスと上品に笑いながら「あなたは本当に良い買い物をなさるわね」と。

なんという棚から牡丹餅でしょう!
本人、全くの自覚なしに思いがけず良いものを購入していたようです(苦笑)

そしてこの着物、縫い紋ではありましたが一つ紋付なので
従兄弟格の結婚式であれば最適だとお墨付きも頂け、ほっとしました。

しかし一つ問題が。
この色留袖、留袖なのに比翼が付いてないのです。
なんで?どうして?




と、こんな経緯で色留袖についていろいろ調べることになったのです。

って、本題に入るまでが長すぎっ私っ!!!←自己ツッコミ
あはははは・・・文章まとめる力が欲しい;(゜´Д`゜)
これ以上長いのはどうしようもなく読みにくいと思うので、
その2へ続けたいと思います;(-_-;)

→ 1つ紋付の色留袖に比翼を付けるか否か・・・ その2。






↓励みになります。良ければ両方ぽちりとお願いします♪(≧∇≦*)/
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ




人気ブログランキング ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
関連記事

テーマ:着物ライフを楽しみましょう♪ - ジャンル:ファッション・ブランド

2013.05.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 着物

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

 miyako

Author: miyako
大好きな着物を
普段着として楽しんでいます。
趣味の洋裁、アクセ作り、
写真撮影に美味しいもの巡り。
多趣味過ぎて収拾がつかなくなった主婦の気ままなその日暮し日記です。

最近着物成分多めかな?
徳島での着物仲間大募集中♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ村PV(ページビュー)

PVランキングに参加しています♪    一日1クリックお願いします(≧∇≦*)/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気軽にぽちりとどうぞ♪        報告なしでOK!              ただし宣伝やイタズラは除外します。

こっそり

twitterやってたりします。 →miyako0107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。