気の向くまま。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

結婚式参列のマナー豆知識まとめ -まとめ+ドレスコード編-

私が調べた結婚式参列のマナー豆知識まとめシリーズ、最後のまとめ編です。

→ 結婚式参列のマナー豆知識まとめ -服装以外編-
→ 結婚式参列のマナー豆知識まとめ -洋装編-
→ 結婚式参列のマナー豆知識まとめ -和装・基本編-
→ 結婚式参列のマナー豆知識まとめ -和装・何を着ればいいか編-



訂正、補足やこんなマナー(もしくは~した方が無難)などがあれば
コメントを頂ければ嬉しいです!

ABET2532.jpg


□まとめ
いろいろ書いてきましたが、
洋服に関しては全部守ると「どないせーっちゅーねん!!!」となります(笑)


私の着付けの先生などは作法教室も行われているので、
「最近の方はアフタヌーンドレスとイブニングドレスの違いが判らないそうね」
などと言っていましたが、
そもそも本来、ドレスというのは昼と夜とで着用出来るドレスが変わります。

昼→アフタヌーンドレス(袖があり露出が少なくきちんとしたもの)
夜→イブニングドレス(肩や胸の露出が多く華やかなもの)

よく着られているカクテルドレスは、
夜に着用するイブニングドレスを簡略化させたものなので
先生曰く、昼に行われる結婚式に着用するのは本来であればおかしいそうです。

アフタヌーンドレスには宝石などの光物は合わせず、
太陽の光に美しく光るパールなどを身につけます。
逆に夜のイブニングドレスには照明に反射して輝く宝石を身につけます。

こちらが判りやすくまとめられています→ドレスコード(洋装編)愛されるエレガントマナー


しかしこのドレスコードは欧米のカテゴリ分けがきちんと浸透している地域でのもの。
確かに結婚式はフォーマルの場なのでドレスコードを守るべきなのですが、
それを言ってはそもそも日本男性の結婚式でよく見かける
「黒のスーツに白のネクタイ」は
国際的なドレスコードではおかしいと言われるものです。
(慶事用としては白ネクタイはおかしい。縞ネクタイか黒の蝶タイが相応しい)


今の日本では和装ですらドレスコードが守られていないことがある時代です。

結婚式参列にはあくまでパーティドレスではなく、
フォーマルドレスを選び、
白に見えるものを避け、かつ上品に見え、
招待してくれた方に確認を取りつつ華やかに装ったらいいのではと思います。

膝が見えてるのもドレスでもきちんと上品に装っていれば
今の日本では気にされないことが多いでしょうし。

ドレス選びは未婚既婚、
年齢などを考慮して『上品に』を基準として選ぶといいかもしれませんね♪


よく和装はルールやマナーが面倒だという話を聞きますが、
個人的には洋装より和装の方が
マナー簡単なのでは?!などと思ってしまいますw(*´ワ`*)アハハ






↓励みになります。良ければ両方ぽちりとお願いします♪(≧∇≦*)/
ブログランキング・にほんブログ村へ




人気ブログランキング ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
関連記事

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

2013.06.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

 miyako

Author: miyako
大好きな着物を
普段着として楽しんでいます。
趣味の洋裁、アクセ作り、
写真撮影に美味しいもの巡り。
多趣味過ぎて収拾がつかなくなった主婦の気ままなその日暮し日記です。

最近着物成分多めかな?
徳島での着物仲間大募集中♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村PV(ページビュー)

PVランキングに参加しています♪    一日1クリックお願いします(≧∇≦*)/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気軽にぽちりとどうぞ♪        報告なしでOK!              ただし宣伝やイタズラは除外します。

こっそり

twitterやってたりします。 →miyako0107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。